首のヘルニア(頚椎椎間板ヘルニア)

  • 慢性的に首が痛む
  • 首を反ると腕にシビレが出る
  • 肩こりの症状が改善しない
  • 首、肩、腕にコリやだるさを感じる
  • 整形外科の電気治療や投薬に効果を感じない

豊橋で人気の頚椎椎間板ヘルニアの治療なら | 豊橋市の口コミ1位の豊橋さかきばら整骨院・整体

頚椎椎間板ヘルニアについて

頚椎椎間板ヘルニアは、頚椎と頚椎の間にある椎間板の髄核が飛び出してしまっている状態をいいます。

首の椎間板ヘルニアは、交通事故のような大きな衝撃で急性的に起こることもあれば、姿勢不良などによって、慢性的にも起こるといわれています。

椎間板の髄核は、椎間孔とよばれる神経の通り道に飛び出してしまうことが多いです。

首の神経は、主に首、肩、腕を支配しているため、首や肩の痛みやだるさ、腕のシビレといった症状につながってしまいます。

 

頚椎椎間板ヘルニアの診断は?

頚椎椎間板ヘルニアの確定診断には、MRIでの画像診断が必要です。

しかし、ヘルニアの診断をレントゲンのみで行う整形外科があります。

先に述べたように、ヘルニアの確定診断は、MRIでないと出来ません。

その理由として、レントゲンでは骨しか写らないためです。

レントゲンの診断では、背骨と背骨の間が狭くなっているので、ヘルニアの可能性があるという推測しかできないのです。

痛みの原因には、骨や筋肉、関節、靱帯など様々な可能性があります。

ヘルニアと痛みやシビレは関係ないという研究報告もあります。

ヘルニアの症状とされている首の痛みや手のシビレを全く感じていない健常者が、画像診断を受けた結果、なんと約70%に椎間板ヘルニアなどの異常が見つかったそうです。

 

頚椎椎間板ヘルニアの本当の原因は?

では、ヘルニアと診断された方の本当の原因は何でしょうか?

筋肉が原因であったり、姿勢バランスの崩れであったり、また骨格のゆがみが考えられます。

正確にいうと、原因は筋肉の緊張です。

筋肉は、事務仕事で首を前に傾けている状態や、首を前後左右に振る動作の時は、筋肉を使用している状態になります。

その状態が長時間継続されると、筋肉に血流障害が起こり、やがて筋肉の緊張となってしまいます。

その結果、首や肩、背中、腕の痛みや指先のシビレを感じるようになります。

 

豊橋市の豊橋さかきばら整骨院の首のヘルニアの治療

豊橋さかきばら整骨院には、整形外科や接骨院、整体に行っても良くならず、症状を繰り返してしまう方が、大変多く来院されます。

豊橋市の豊橋さかきばら整骨院では、根本的な改善や症状の出にくい身体作りをするからです。

加えて、患者様のお身体と、その状態に合わせた治療を行います。

筋肉に対しては、深層筋調整という手技で筋肉をゆるめます。

また、骨盤のゆがみや、背骨のゆがみに対しては、骨盤矯正を行います。

なかなか改善されない首のヘルニアでお困りの方は、豊橋市の豊橋さかきばら整骨院へ是非お越しください。

 

首のヘルニアの根本改善にお勧め!

当院オリジナルの骨盤矯正×深層筋調整については下記のバナーをクリックしてください!

骨盤矯正×深層筋調整のページはこちら